命名「グリーンボール」

明らかにボンボンが大きいんです。

激しく振り向くと帽子が脱げそうです。
 

 

でもアートにはそれくらいの個性があってもいいんじゃないかと思います。

名前は「グリーンボール」です。

 

 

虹色の毛糸はカーリーヘアのようでした。

 

 

その虹色の毛糸に更に薄い水色のカーリー毛糸を合わせて編みました。

なので、もっこもこです。

 

 

私だったらこの帽子をかぶってスキーに行きたい。

雪原の中をかっこよくスキーで滑りたい。

帽子をなくさないようにしなくっちゃ。

 

ciao | 帽子 | 10:44 | comments(0) | - |

命名「秋は足が速い」帽子編

この作品も昨日の作品に引き続き靴下とセットで作りました。

今年染めて紡いだ毛糸で作りました。

色の違う段染めの糸を二本合わせて編んだので

全体的にあいまいな色合いになっています。

 

 

編んでいて編み物シーズンである秋冬がと待ち遠しかったのですが、

秋が来てみるとあっという間。

冬はもうすぐそこです。

そんな秋を追いかけたい気持ちで「秋は足が速い」という名前にしました。

 

 

糸を作ることは楽しい。

それはしかし今の私のゴールではない。

そういうことがわかった作品でもありました。

やはりなんらかの作品という形にしてこそ、

糸の価値は発揮される、これは大きな収穫でした。

 

ciao | 帽子 | 09:43 | comments(0) | - |

命名「朱に交わろう」帽子編

秋にリリースした作品をまた少しずつ載せていきます。

 

この毛糸は昨年染を習ったときに最初に染めたものです。

手紡ぎ&手染めです。

同じ毛糸で靴下も編みました。

 

 

名前は「朱に交わろう」です。

赤でもない、オレンジでもない色、

この毛糸には朱色というのがぴったりだと思いました。

日本画にはたくさんの朱色があります。

朱の絵の具をお皿に出して膠で伸ばしていくときの

あの滑らかさ、気持ちよさ、色の広がり、

胸がすくような喜びがあります。

その色の美しさが作品にもちゃんと反映されているような気がします。

 

 

ciao | 帽子 | 17:56 | comments(0) | - |

藍染めの帽子

藍染めのネックウォーマーの次に取り組んだのが帽子でした。

 

藍の色は大人っぽいので、かわいい形にしたくなりました。

かぶると頭のてっぺんがぽこっとなります。

 

 

手紡ぎ糸の立体感、手染めのムラ。

自分ですべて作ったということが

この帽子の存在感として表現できています。

 

 

ciao | 帽子 | 07:31 | comments(0) | - |

命名「リトル・オレンジ」

ドロップの入った缶。

穴からはひとつずつしか出てこない。

どんな色のが出てくるかちょー楽しみ。

ハッカが出てくるとすごくショックを受けて、中に戻してました。

 

オレンジとか

ピンクとか

緑とか

ちょっと透明っぽいのとか

いろいろ入ってた。

 

そんな毛糸を見つけまして、帽子を編んでみました。

あまりに興奮して編んだせいか、ちょっと小さい。

どうぞお子さまへ。

 

 

ポンポン作るのも楽しかった。

こんな色の混じったドロップ作ってほしい。

 

 

ciao | 帽子 | 00:24 | comments(0) | - |
1/7PAGES | >> |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS