命名「積み重なる雪の層」

「メキシコの高地ならば」と打って変わって青のクールなトーンです。

雪がたくさん降り積もるところでは雪が白じゃなくなっています。

北海道で山道を進むとき、雪の層の断面を見てそう思いました。

また南極は雪が積もって積もって青い氷になっている。

 

 

白から薄いブルーに。

 

 

下がどんどん青くなる。

 

 

寒い季節に降り積もった雪のようなショールをまとってみませんか。

 

 

ciao | ショール | 09:01 | comments(0) | - |

命名「メキシコの高地ならば」

このショールを編み始める前に、とにかくド派手なものを、というのがアイディアでした。

 

 

オレンジから始めて、横糸は青にしました。

 

 

オレンジの次に黄色を選んで、

 

 

持っている毛糸をどんどんつぎ込んでいきました。

 

 

いつもこの半円ショールで悩むのは縁の飾りです。

どんな色で、どんな編み方で締めようか。

今回は青い毛糸でピコット編みにしました。

 

 

これをどこで着てもらおうか。

きっと「メキシコの高地ならば」似合うと思うんです。

 

ciao | ショール | 12:28 | comments(0) | - |

命名「着地地点」

おかげさまで大阪・藤井寺でのイベントも無事に終了し、昨日帰ってきました。

ワークショップに参加してくださった方、会いに来てくださった方、

新たに知り合った方、ありがとうございました。

今年もとっても楽しくて、帰りたくない気持ちでした。

レポートはまた改めて。

 

この半円ショールシリーズは気に入っていてこれまでいくつか作っています。

回を重ねるごとに派手になっていく傾向があります。

 

 

私はいろんな糸を足していくのが好きです。

だからどんどん派手になっていく。
 

 

名前の由来は、このショールの編み方にあります。

際限なく大きくすることができるんです。

どこで終わりにするか、どこに着地するか。

編み進むほどに実は難しくなります。

終わりたいのか、終わらせたいのか、まだまだ広げていくのか。

 

 

黄緑から初めて、赤で着地しました。

この写真を見ていたらまた新しい半円ショールを編みたくなってきました。

 

ciao | ショール | 11:24 | comments(0) | - |

命名「夜に芝生に雪」

先日関東でも雪が積もりました。
私はその時大阪にいました。
ニュースで新橋の街の雪かきを見てびっくりしました。

この作品はもっと前に編んだものですが、
この季節にぴったりな名前でした。



みんなが寝静まった夜中、
静かに雪が降り始めました。
雪は少しずつ少しずつ積もっていって
芝生や植物の上にもたまっていくのです。



朝になって
まぶしい光の中で
雪をながめる。



このショールで温まって下さい。
雪はそのうちとけます。


 
ciao | ショール | 17:05 | comments(0) | - |

命名「流星」

半円ショールのワークショップに参加したあとで、
オリジナルの作品を作りました。
中心からどんどん外側に編んでいきます。



外に行くにしたがって毛糸で遊びたくなってしまい、
きらきらする糸やリボン状の糸を編みこんでいきました。



そしてできあがったときにはっとして、「流星」という名前をつけました。



編んでいて楽しい作品でした。
きっとワンピースや着物にも似合うんじゃないかと思います。



ciao | ショール | 12:14 | comments(0) | - |
1/2PAGES | >> |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH