命名「100カラットの羊」

いろんな糸をリレーして編みました。

色に変化が出るように上と下で世界を変えました。

 

 

今回から始めたフェルトのタグ。

刺繍が楽しくてはみ出しそうです。

 

 

立体感のある部分。

紡いだ太い糸をもりもり入れました。

 

 

編み終わってたくさんの羊の種類が混じっているなあと思い

名前は「100カラットの羊」にしました。

 

ciao | スヌード | 13:33 | comments(0) | - |

命名「森」

編み物にはいろんなかたちがあります。

靴下は足に履くもの、手袋は手にするもの。

ずっとそういうものにとらわれてきました。

使う人が決めればいいのかもしれないと思い始めたのが、今年です。

 

そして作ったのがこのスヌード。

首を温めてもよし、肩も覆うようにしてもよし、

腹巻きのように胴に巻いてもよし。

 

 

全部紡いだ糸で編んだので軽くて、立体感があって、温かいです。

名前は「森」です。

 

 

展示のときに森さんという名字のともだちが、「あ、私」といって笑っていました。

 

ciao | スヌード | 14:38 | comments(0) | - |

命名「一日の起伏と血脈」

さをり織りと使った作品です。

「草原と月夜」との姉妹作品です。

 

 

さをり織りを一回ねじってから接合し、

メビウススヌードの要領で赤い毛糸で編み足していきました。

 

 

普通の横糸だけではなく、羊毛や糸の束なんかもはさんでみました。

立体的でもありますし、楽しくもあります。

 

 

さおり全体が昼から夜のように変化し、

赤い毛糸が全体のアクセントになりました。

できあがってみてそれが時間だったり熱い血潮を表現できてると思い

「一日の起伏と血脈」という名前にしました。

 


自分の作ったものを組み合わせるというあたらしい手法は

私の創造意欲をものすごくかきたてます。

頭のなかで考えるだけでわくわくします。

時間を忘れて考え尽くすことができます。

これからもまたこういうことが待っているんじゃないかと思います。

 

ciao | スヌード | 09:41 | comments(0) | - |

命名「赤い絹」

名前の由来は赤いラインです。

インドの絹を束ねて作った糸を買いました。

それをどう使おうかとずっと悩んでいました。

白いモヘアでスヌードを編んでいるときに

そのインドの絹が浮かんだのです。

 

 

このスヌードを二重にして首に巻いたときに

白い中に赤い絹が美しいラインを作るのです。

 

 

真っ白は他の色と合わせたときに

白の力を発揮するということも学びました。

 

ciao | スヌード | 10:11 | comments(0) | - |

命名「もうひとつ」

あけましておめでとうございます。
年越しも編んでました。

白と黒の混ざった毛糸で編み始めました。
なにかもうひとつ足してみたくなって
途中からピンクのモヘアをいっしょに足して編みました。
なので「もうひとつ」です。



このスヌードを二重に巻くと
白黒とピンクのあいまいなところが首周りで交差します。
あまくかっこいい冬を過ごせるんじゃないかなと思います。



白と黒の毛糸はウールと竹の混毛なので
きっと風や寒さから守ってくれます。

ciao | スヌード | 19:52 | comments(0) | - |
1/3PAGES | >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH