自分のために。

ずっとなにを編めばいいのか決まらない糸がありました。

とても質のいい毛糸で、うっとりするような肌触り。

しかし、これまでなるべくものが浮かばずに編んでは解き。

 

ある日、これで自分の腕を温めようと決意しました。

自分の腕ならば片方だけでもいい。

というわけで一目鹿の子編みで仕上げてみました。

 

 

これまで酷使してきた私の右腕。

これで温めて大切にしていきます。

 

ciao | ハンドウォーマー | 20:00 | comments(0) | - |

てこのために。

今年の夏の同窓会で30年ぶりにたくさんの友だちに会いました。
その中のひとり、てこからハンドウォーマー制作の依頼を受けました。

毛糸と色選びに悩みました。
長い時間悩みました。
どんな色が彼女に似合うだろう、
どんな素材が彼女を温めるだろう。

考えた末に、うっとりするような肌触りのメリノ、色はベージュ。
それにうっとりするような白いモヘアを合わせてみました。



背が高く、腕の長いてこにぴったりの作品となりました。
写真を見ているだけでも肌触りがよみがえってきます。



ひとつひとつの作品を編み上げる度に
自分らしさというものが分かってきました。

ciao | ハンドウォーマー | 12:58 | comments(0) | - |
1/1PAGES | |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS