命名「金と銀」

今回の個展「KnitLisa ROSSO」のシンボルになった作品「金と銀」です。

赤というよりも朱に近い毛糸に、金と銀の刺繍糸を合わせています。

 

 

大きな鯉が悠々と泳いでいます。

ゆらりと体をくねらせる度に、その鱗がきらりと光ります。

じっと見たくてもそれはとどまることがない。

そしてどうにかしてその鯉を自分で表現したくなったのです。

 

 

この赤い作品たちは2月の「KnitLisa実験室」で原宿に持って行きます。

ぜひ遊びに来てください。

 

 

ciao | マフラー | 08:44 | comments(0) | - |

命名「証明」

自分の好きな色、好きな毛糸を編み継ぎました。

マフラーをぐるぐる巻きにしたときに、

赤と虹のような色たちが波のようになって

動きを作ってくれると思います。

 

 

裏と表ではステッチの見え方が違うんです。

 

 

すべてを表編みで往復編みすることをガーター編みといいます。

表編みしかできなくても編めます。

もうひとつ裏編みを覚えるとバリエーションが増えます。

そう考えていただけると技術的ステップアップが楽しくなると思います。

 

ciao | マフラー | 10:01 | comments(0) | - |

命名「冷静と情熱のあいだ」

赤くて太い毛糸の大きな玉があって、

青くて太い毛糸の大きな玉があって、

どうにかしてこれを結びつけたいと思っていました。

そして、熱くて冷たくて長いマフラーが誕生しました。

 

 

赤い中にも緑や紫が混じっています。

 

 

青い方には黄色からのグラデーションもあり、

編んでいる時にその色の変化を楽しんでいたら

あっという間に編み終わってしまいました。

 

 

寒い日、

風の強い日、

試験に向かう日、

熱い心と冷静な気持ちと抱えて

マフラーをぐるぐる巻きにして

出かけてください。

 

 

私の故郷に石見神楽という伝統芸能があります。

最後の写真を見ていたらヤマタノオロチを思い出しました。

こんな色の大蛇がいっぱい出てきます。

 

ciao | マフラー | 09:07 | comments(0) | - |

命名「NeroとBianca(ネロとビアンカ)」

マフラーを編みたいなとずっと考えていて
なかなかアイディアが形にならなかった。
あるとき白いモヘアとカラフルな毛糸を合わせて編み始めたら
止まらなくなった。
テーマはMAGNUMなので途中から黒に。
カシミアとアンゴラを合わせたのでこちらもまたうっとりします。



両端は編み方を変えてみました。
黒い方はちょっと都会の夜景みたい。



Neroはイタリア語で黒という意味です。
フランダースの犬みたい。



Biancaはイタリア語で白。
aで終わっているので女の子の白です。



つなぎ目をみるとパンダみたい。



2メートルくらいの大作なので
首の周りでぐるぐる巻いて
白と黒を交差させてあったまってください。

では明日、大阪で。

ciao | マフラー | 00:47 | comments(0) | - |

ゆみのために。

ニットの季節がやって来ました。
一年中編んでいる私でもやはり秋冬は忙しい時間になります。
忙しいのはうれしいことです。

友達のリクエストでマフラーを編みました。
表と裏の模様が違う編み方です。



難しそうに見えて難しくないのがいいところです。
実はこのマフラーとっても短いんです。



それは北の大地のクマのためのマフラーだからです。
めんこいね。



ciao | マフラー | 09:33 | comments(2) | - |
1/3PAGES | >> |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS