フェルトで自分の意思を表現する。

フェルトのテープをどうアレンジできるかを研究していました。

編んだり、巻いたり、ホッチキスで仮止めたり。

そのものを評価するか、なにかと組み合わせられないか。

こういう過程が大変楽しい。

 

 

好きな色の布も少しずつ買い集めていて、

それと組み合わせることにしました。

 

 

フェルトを縫い止めたり、

隙間にひもを通したり。

 

 

完璧に処理しない、ということも大切だと思います。

ねじれていることも必要だと思います。

 

 

自分がそうしたいからそうしてみる。

作品の中に自分の意思がある、そういう表現をしたいです。

 

ciao | フェルト | 09:42 | comments(0) | - |

フェルトの特性がわかってきた。

昨日のトートバッグに続き、グリーンバージョン。

私としてはお出かけトートバッグというよりも編みかけの編み物を入れるプロジェクトバッグ。

もちろん持ち主になった方が自由に使い方を決めていただければ良いと思います。

 

 

ちょっとアクセントを付けたくて、朱色を織り込んでみました。

冒険というか勇気が必要でした。

 

 

やはり端っこは切りっぱなしのままで。

切るのは簡単。

残すのも決断。

 

 

フェルトのよいところはどんな素材とも相性がよいというところでしょうか。

一から全部作り上げなくてもいい。

そのポイントに気づいてフェルトの創作が好きになりました。

 

ciao | フェルト | 00:40 | comments(0) | - |

フェルトのモザイクの発展性。

小さいトートバッグ、改造したくなりました。

ミシンはないけれどできるんじゃないかと、フェルトのテープの織りと合体させました。

 

 

縦は水色や黄色やベージュ、

横はピンク、赤、オレンジ、

それぞれ対象的な色の強さ。

モザイクのおもしろさが全面に出ています。
 

 

洋服と組み合わせたい。

これでコートを作りたい。

まずはポケットから挑戦かな。

 

ciao | フェルト | 09:47 | comments(0) | - |

フェルトの可能性に気づく。

引き続きフェルト作品

フェルトのテープを編む作品の一番最初かもしれない。

3色から始めたんです。

 

 

大きさとしては電子辞書が入る感じです。

 

 

フェルトは手芸の素材としてとても実用的です。

子供の時よくマスコットを作りました。

切りやすいですし、端の始末もいりません。

色も豊富です。

価格も安いです。

 

大人になってフェルトを使ってみて、もっとできることがあるんじゃないかと考えました。

まだその可能性を見出すトンネルを突破したとはいえないけれど、

2020年も引き続き考えていきたいテーマです。

 

ciao | フェルト | 11:39 | comments(0) | - |

好きにしていいフェルト作品。

引き続きフェルト作品の紹介です。

一時期フェルトのテープで編むというか織りに夢中でした。

いろんな色のテープを組み合わせて織っていました。

色を選ぶのがとても楽しい。

統一的にしてもいいし、思いつきでもいいし、好きな色だけもいい。

 

 

裏。

 

 

正方形のものを作って、二つ折りにして、チャックを付けて。

 

 

ビーズで飾って。

 

 

チャックのところにフェルトの端がびろびろと邪魔をしています。

切るとか、縫い包めるとか長い時間迷いました。

しかし、これをこのままにすることがこの作品のよいところであり、

他の人がしないことなんじゃないだろうかと考えるようになりました。

 

他の人に見せるとほとんどの人がどうにかしたほうがいいんじゃないといいます。

人と自分と意見が違うということは重要です。

でも、その次の段階として人のいうことを聞くか聞かないかは別問題だと思います。

自分の好きなようにしたらいいと思います。

これをほしいという人がいて、こうしてほしいといったらそうしたらいいと思いますし、

自分の意見を説明してそうしないという場合もあると思います。

 

というようなことがわかってきたこの頃です。

 

ciao | フェルト | 10:46 | comments(0) | - |
1/2PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH