命名「草原と月夜」

去年さをり織りと縁がありまして、月イチで織っています。

自由に、自分らしく、楽しく。いろんなことを教えてもらいました。

自分らしさ驀進中です。

 

自分らしさという意味で、編み物とさをり織りで作品を作れないかと考えました。

そんなに難しいことじゃないし、むしろああして、こうしてとアイディアだらけな始まりでした。

しかしアイディアを実行するためにはさをり織りがたくさんなければ、という出発点に立ちます。

さすがに処女作にハサミを入れるのは心もとない。

というわけで、毎月通うことになったのです。

 

 

アラン模様を帯状に編みまして、

さをり織りを縦半分に切りまして、

ふたつを螺旋状に接続しまして、

リボンで接合しました。

構想段階でかなり時間がかかりました。

作業に着手したらあっという間に出来上がりました。

 

 

名前は「草原と月夜」です。

こちら側が草原。

 

 

こちら側が「月夜」です。

ネックウォーマーとして使うとき、どちらを上にするかによって

見た目の印象が変わります。

そういう変化を楽しんでいただきたい作品です。

 

 

ciao | ネックウォーマー | 10:44 | comments(0) | - |

命名「複眼」

太くて、カラフルな毛糸を見つけて心が踊りました。

トルコの毛糸です。

その毛糸でネックウォーマーを編みました。
 

 

できあがったとき、意図したような、意図しないような模様に

驚きとともに小さな感動がありました。

もしかしてトンボはこういうふうに世の中が見えているんじゃないかと思ったんです。

人間は3色しか認識できないけれど、複眼ならば15色(曖昧)が見えるらしい。

 

 

この作品は2017ー18年のKnitLisaのシンボルにもしました。

この色群を選んだとき、私は色の世界が好きなんだなと改めて実感しました。

来年度も色の世界に溺れてみようと思います。

 

ciao | ネックウォーマー | 09:57 | comments(0) | - |

命名「雪の下は少し春」

札幌に住んでいたとき

まだ雪が積もっていても

このくらいの時期になると

雪の下に既にふきのとうが生まれていて

すごいなあと思いながら見ていました。

 

作品ができあがってみて

そういう春を思い出したので

「雪の下は少し春」という名前にしました。

 

 

どちらも柔らかい毛糸を使っていて

ふわふわ、すべすべしています。

この立体感にも春の小さな生命力が出ている気がします。

 

 

ciao | ネックウォーマー | 10:31 | comments(0) | - |

命名「すべすべミント」

この毛糸のすばらしさを伝えるためにはどうすればよいかと考えて

「すべすべミント」と名付けました。

それくらいこの紫の毛糸は気持ちがいいのです。

 

 

「ミント」というのはミント色のモヘアの毛糸を編み込んだところです。

 

 

この波の形の編み方もすごく好きで、

これまでたくさんの作品で表現してきました。

 

 

この作品は大阪で嫁ぎ先が決まりました。

買ってくださった方がそのまま身につけて帰ってくださいました。

その日から冬が忍び込んできたような日だったのです。

この冬を楽しんでいただきたいです。

 

ciao | ネックウォーマー | 11:40 | comments(0) | - |

命名「山が燃えている」

こんな私でもときどき迷うことがあります。

オーソドックスな作品も必要だろうか、

どんな服にも合うような色を選ぶべきだろうか。

しかしそれならば私じゃなくても作れるだろう。

 

こういう葛藤は頻繁にやってきます。

自分らしさに気がついたとき、思い切った色選びが始まります。

 

 

出来上がった時に大きな山が活火山になって

燃えているようなに見えたんです。

 

 

この作品は自分で染めて、自分で紡いだ毛糸で編みました。

二本をまとめて編んでいます。

どんどん色が変化していくのが楽しかった。

 

 

大きめなので、首だけじゃなくてときにはお腹も

温められると思います。

 

ciao | ネックウォーマー | 09:45 | comments(0) | - |
1/7PAGES | >> |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH