<< さとこのために。 | top | 小伝馬町で朝部活始まる。 >>

広島合宿、レポートです。

2018年4月13日(金)〜15日(日)、広島で編み物合宿をしてまいりました。

お友達のお宅に泊まり込み、親交を深めつつ、糸にまつわるいろんなことを伝授しました。

 

合宿のメインは4月14日(土)でした。

朝から夕までとにかく全部やるという日にしました。

 

窓際にはさをり広島さんからさをり織り、

机の上には私の持参した糸や羊毛を並べました。

 

 

さをり広島のたけちさん。

編み物に本格挑戦であります。

今回はかぎ針で菊編みをしました。

 

 

キッチンでは羊毛の染色に挑戦。

 

 

池久保さん、井上さん、編み図を見ながら菊編み中です。

お茶もあったんですが、とにかく毛糸に夢中になっておりました。

 

 

さをり織りの糸はいつ見ても心躍ります。

 

 

あこがれの織り機。

たけちさんはご自分の編み物と、さをりのご指導と大活躍でした。

 

 

さをり織りは羊毛も扱うんです。

これがほんとすばらしい。

私がさをり織りにはまった理由のひとつでもあります。

 

 

さて、お昼です。

井上家(合宿場所)のお父様が打ったお蕎麦を茹でて、

振る舞ってくださいました。

 

 

いなり寿司は小川家の差し入れ。

 

 

お腹がいっぱいになった午後はまた編みに戻ります。

 

 

順番に染めもします。

どんどんお湯を沸かして、どんどん染めました。

 

 

染めが沸騰するまでの間、たけちさんはここで編んでます。

どんだけ夢中なんだ!

 

 

たけちさん、2回めの染めです。

実験っぽい。

こういうの理想だったんです。

 

 

そめた羊毛が乾いたら、今度は紡ぎです。

 

 

んな感じで、5時になるぎりぎりまで楽しみました。

いやいや楽しかった。

楽しい時間は長くもあり、あっという間でもありました。

 

翌日午前は井上さんにマンツーマン指導。

技術を求める方は吸収もあっという間。

必要な技術は必要なときに、というのが私のモットーです。

 

初日は広島市内の手芸屋さんを回って現状視察をしました。

だんだんなくなりつつある手芸のお店。

需要はあるんです。問題はその魅力をいかに伝えるか。

これは広島に限ったことではないんですよね。

さて、私には何ができるのか。

これはこれからの課題でもあります。

 

広島のみなさま、お世話になりました。

ありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

ciao | レポート | 14:31 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH