<< 個展「KnitLisa 創造と解体」レポートその5 | top | まきこのために。 >>

個展「KnitLisa 創造と解体」レポートその6

最終日、靴下の塔「上へ上へと昇り始めた」の解体をレポートします。

 

最終日の午後、解体を宣言しました。

 

 

お隣の展示の方、ギャラリーに用事で来ていた方にも参加してもらいました。

 

 

たくさんの靴下を毛糸でつないでいます。

一本一本切っていきます。

 

 

奥の方にまでハサミを入れていただいています。

 

 

美容師さんのようであり、

 

 

盆栽のようでもあり、

 

 

断髪式のようでもあり、

 

 

式典のテープカットのようでもあります。

 

 

とにかくみなさん丁寧に切ってくださいました。

私は展示の前に緩んでいた部分をやり直したのですが、

正直靴下を切りそうになったことも多々ありました。

 

 

だんだんばらばらになっていき、

私自身こういう風に作ったのかとか新鮮でした。

 

 

この糸切りバサミは私が小学校の時から使っている年代物であります。

 

 

この方が隣の展示の村田雅子さんです。

大事なところをやってくれています。

 

 

切り倒された樹齢100年の大木のようです。

 

 

2年以上靴下たちはこうして縛られていたわけです。

長い間ご苦労さまでした。

 

 

もやはひとりでは解体できない状態。

 

 

よく作ったし、よく編んだなと思います。

 

 

大詰めです。

 

 

最後に近づくに連れて、みなさんも夢中になって来た気がします。

 

 

左の方がここのギャラリーの杉守さんです。

 

 

折り重なる靴下たち。

 

 

中身はぷちぷちと新聞紙でした。

 

 

みなさんにそれぞれ靴下を持っていただき、解体のイベントが終了しました。

みなさん、ご参加いただき本当にありがとうございました。

 

 

かかとのある靴下、ない靴下。

やっと真っ直ぐになったり、片方と再会したり、元の形に戻りました。

 

 

解体すると決めたときに、そのままの方がいいという意見もありました。

私は靴下として使いたい、販売したいと思っていましたので、決意しました。

 

「作る」は「壊す」とか「解体する」とか「破壊する」も含めて、

完成するのかもしれないということを今年の春に思いつくというか、気づきました。

 

たぶん立体物とかパフォーマンスではやってる方結構いると思うんですが、

編み物という造形物ではあまりいない(セーターの解体は見た)ので

素人アーティストとしておもしろい挑戦だと思いました。

 

やってみて、「やってよかった」というのが私の実感です。

靴下の塔はまた作ろうと思えば作れる。

自分のやりたいこと「創造と解体」が実現できたのです。

ゆめがかなうということはこういうことでした。

 

ご参加のみなさんに心から感謝いたします。

ありがとうございました。

 

ciao | レポート | 10:27 | comments(0) | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH