<< 図書館バッグをイタリアの布とフェルトで。 | top | 好きにしていいフェルト作品。 >>

穴の空いている布袋。

昨日のフェルト作品の続きです。

フェルトのかけら、はぎれ、かぎ針のモチーフ編み、

などなどあらゆるかけらをつないでみました。

 

 

このあたりから袋の概念が壊れてきて、

穴が空いていてもいいじゃないかと開き直ってきました。

 

 

編み物とは違うジャンルの制作ではあるのですが、

自分をより自由に表現できていると実感しています。

誰になんといわれても全然平気です。

実用性だとかなんとかなくてもいいんです。

自分が作りたいものを作っています。

ときどきこういう気持ちがぽっきりと折れてしまうようなことがあります。

そういうときこの一連の作品を見ていると元の元気な気持ちが戻ってくるんです。

自分の作ったもので自分が励まされている、そういう域まで来ました。

 

ciao | フェルト | 21:39 | comments(0) | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH