<< 手首を照らす、自分の少し未来を照らす、ハンドウォーマー。 | top | さをり広島「KintLisaの 美しくあたためよう」のレポートです。 >>

FeltFes2020のレポートです。

 

今年の1月に原宿でフェルトの展示を行いました。

新型コロナウイルス性肺炎の騒動が起きる前です。

今となっては遠い昔のことのようですが、あのときにやっておいてよかったと心の底から思います。

でなければ展示が延期もしくは中止になって、たくさんのフェルト作品たちはお蔵入りしていたでしょう。

 

FeltFes2020

期間:2020年1月17日〜19日

場所:原宿デザインフェスタギャラリー West  1-G

出展者:Soin、Makiko Koyano、Yuri Koyano、KnitLisa

 

今回はフェルトをテーマに展示をしました。

いろいろなタイプのフェルト作家たちに声をかけました。

フェルトの世界を堪能してください。

 

二人のKoyanoは姉妹です。

入り口にフェルトの看板を作ってくれました。

 

 

Soinさんの作品から紹介します。

彼女はニードルフェルト作家です。

羊の毛をフェルト用の針でちくちくと刺して作品を作っていきます。

実はこのハートや魚たちは見に来てくれた方にプレゼントしてました。

 

 

これ全部、ブローチです。

大小いろいろあります。

 

 

箱入り小鳥たち。

 

 

羊は人気でしたが、非売品だそうです。

 

 

額装やバッグもあり、多彩なSoinさん。

 

 

Makiko Koyano、姉妹の姉の方の作品です。

ちらりと見えているニットは私の作品です。

姉と合作しました。

フェルトに織り込んだいろいろな羊毛が美しいです。

 

 

こちらもニット部分は私の作品です。

たこみたいな足がついています。

これは底があって、全体的にツボみたいなかばんみたいになっています。

こういう得体のしれない作品、さすが姉です。

 

 

岡本太郎的爆発のフェルトです。

 

 

ワイルドさがつまった作品たち。

 

 

これは大きな作品です。

羊毛の他にいろいろな素材を使っています。

 

 

植物さえも入ります。

 

 

Yuri Koyano、妹の作品です。

南米のような原始的な魅力にあふれています

自分でフェルト化して作った糸を織り込んでいます。

彼女は陶器も作るマルチな作家でもあります。

 

 

ここからは鳥シリーズです。

ベルト状に織ったものが効果的に翼になっています。

 

 

このインコ、好きだった。

 

 

王様みたいだ。

 

 

これ、手に取っている方多かった。

かわいいもんね。

 

 

火の鳥っぽい。

 

 

なんか不思議な力を持ってそうです。

 

 

外からも見えるように展示していました。

 

 

ここからは私です。

他の作家からするとおとなしめです、ね。

 

 

みんなの作品を見て、私の作品を見て、

フェルトってまだまだいろんなことできそうだなという可能性を感じています。

 

 

外からの景色。

この部屋は大きな窓があって、いい部屋なんです。

 

 

原宿デザインフェスタギャラリーのスタッフ、伊坂くんが記事にしてくれました。

いつも丁寧に取材してくれて、伝わるように言葉にしてくれています。

よかったら読んでみてください。

 

3日間あっという間でした。

お友達がたくさん来てくれて、

会ったことはないけれど私をフォローしてくれている方が遊びに来てくれたり、

姉のフェルトの即席ワークショップも開催できたり、

楽しい時間でした。

 

来てくださった方、ありがとうございました。

気にかけてくださっている方、ありがとうございます。

 

ciao | レポート | 09:57 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH