フィレンツェ合宿レポート2019年2月、その1。

イタリアで編み物修行をしてきました。その報告をします。

2019年2月の一ヶ月、場所はイタリアのフィレンツェです。

 

私が今回の編み物教室で編むことにしたのはこのセーターです。

イタリア人先生の指導の元、全10回のコースでした。

 

 

先生はこの方、エレナ先生です。

元モデル、シンガーという経歴の持ち主。

 

 

2本の編み棒を脇に挟んで、編んでいくスタイルです。

これがイタリア式です。

 

 

ciao | レポート | 16:51 | comments(0) | - |

あやのために。

4月が誕生月のあやさん。

ちょっと早いけれど3月に手袋を編んで送りました。

今年は春が近くても寒い日が続いたので

役に立ったのではないでしょうか。

 

 

ドイツの毛糸ショッペルはほんとに美しい毛糸です。

 

 

ciao | 手袋 | 15:44 | comments(0) | - |

詩織のために。

小伝馬町で知り合ったフェルト作家の方、

その方が赤ちゃんを出産されました。

名前は詩織ちゃん。

 

そのニュースを聞いたのはフィレンツェにいたときでした。

詩織ちゃんのためにおくるみを編みたくて、

編み物の先生と毛糸屋さんと相談して毛糸を決めました。

柔らかいメリノの毛糸、ミントブルーとピンクを二本取りにして編みました。

 

 

届いてすぐにおくるみを使ってくれました。

すやすやと眠ってくれたとのこと。

ああ、うれしい。

 

 

ciao | ショール | 14:28 | comments(0) | - |

ジュンのために。

毎年借りているギャラリーのスタッフ・ジュンさん。

アルパカの作品を気に入ってくれました。

それがもう2年くらい前のことでした。

 

昨春にアルパカのマフラーの依頼を受けました。

秋の私の個展のときに色や組み合わせの試作をして、ジュンさんに選んでもらいました。

そして編み上がったのがこのアルパカのマフラーです。

 

2種類の肌触りが味わえるようになっています。

こちら側はすべすべアルパカ。

 

 

こちらはふわふわアルパカ。

北海道のアルパカです。

 

 

見た目は地味な色合いですが、このマフラーの良さはジュンさんにしかわからない。

とにかく温かい。とにかく肌触りがうっとりなんです。

 

 

1月後半東京は寒くなりました。

ジュンさん、温まってくれているかな。

 

ciao | マフラー | 09:46 | comments(0) | - |

命名「サリー」

この靴下も靴下の塔に組み込まれていたものです。

長い靴下です。

 

 

ピンクのような、

 

 

オレンジのような。

 

 

とにかくみっしりとしています。

 

 

履いたとき、魔法使いサリーちゃんみたいだったんです。

 

 

二本取りなんですが、双糸にしていません。

なので、ボリュームがあって密な編地になりました。

 

靴を脱いで上がるようなところ、例えばくつろぎ和室カフェみたいなところに

行くときに履いてほしいです。ちょっと自慢してください。

 

ciao | 靴下 | 09:36 | comments(0) | - |
2/75PAGES | << >> |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH